キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 価格が見合うまで先送り可能な任意売却。 : まるっと任意売却情報

価格が見合うまで先送り可能な任意売却。

まるっと任意売却情報

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
任意売却のメリットは、売却価格をオーナーが自分で決められること。時間に余裕があれば、価格が見合うまで売却を見送ることも可能です。
まるっと任意売却情報のメインイメージ

価格が見合うまで先送り可能な任意売却。

不動産取引に慣れた人や不動産の業者であれば、それに関係した法律には精通しているでしょうが、一般消費者がいきなり任意売却だとか、競売だとか言われても、なかなかピンとこないものです。

ましてや若い人で初めて住宅ローンを組み、銀行や金融機関から融資を受けたという債務者には、何のことだか皆目見当もつかないような状況ではないでしょうか。

任意売却というのは住宅ローンの返済が滞ったときに、強制的な没収(競売)など最悪な状態になる前の法的な手段のことです。

住宅ローンの返済がきちんと行われている場合の売却なら何の問題もありませんが、任意売却は住宅ローン滞納という前提がつきますから少し厄介です。

法律事務所の弁護士や不動産仲介会社が銀行(債権者・担保権者)とのあいだに入って交渉することになります。

交渉とはいえ、事実上、任意売却することは決まっているわけですから、“今後の任意売却の段取りの報告”を行う程度のことです。

債権者である銀行などの金融機関にとっては、痛くもかゆくもない日常的な話です。

任意売却のメリットは、売却価格などを債務者である不動産のオーナーが決定できることと、売却時期、あるいは売却先などを自分で決められることです。

自己破産に絡んだ任意売却でない限りデメリットはありませんが、売却価格が住宅ローンの残債を下回っている場合は、売却しても残債は残ることになります。

しかしこれは任意売却でない通常の売却でも起こり得ることで、任意売却だけのデメリットとは言い切れません。

時間に余裕があれば、価格が見合うまで売却を見送ることも可能です。

▼関連リンク⇒【任意売却の賢い仕方】任意売却のメリット・デメリット情報! - NAVER まとめ

Copyright www.teatrofilodrammatici.com.